スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワシのスーパーロングは108式まであるぞ

2008/08/26 (火)  カテゴリー/未分類

無理やり更新のネタを作ってみる。
自作解説飽きたの!あふぅ。



てなわけでスーパーロング。
自分は今まで左右に大きくふれるものと
右or左で前後に揺れるもの、
全部で4種類だと思っていたのだけど
今日素材撮りをしている過程で
左右にふれるものでさらに別の2種類を発見。

sl01.png
スーパーロングその1。


sl02.png
スーパーロングその2。


sl03.png
スーパーロングその3。


sl04.png
スーパーロングその4。


以上全部左右に大きくふれるもの。
1と4は似てるけど距離が結構違う。
ここら辺は動画じゃないと伝わりづらいところ。



l.png
比較用:ロングカメラ



これに加えて左右でグリングリンするのがあるので
現時点で確認済みは全部で6種類
左右でグリングリンのバージョン違いとかも考えられるので
最終的には108とは言わないまでも10種類くらいはあるかも・・・・・・?

ってわけで俄然興味がわいてきたので
新作できたら検証動画作ろうっと。
スポンサーサイト

PC替えました~

2008/08/21 (木)  カテゴリー/未分類

5年ぶりくらいにパソコンを新しくしましたよ!
やーりぃ!

ネット繋げてから真っ先に合作の『i』見てきました。
あのカクカクは異常だったからなぁw


11月P合作

やぁっ!KenjoPのが・・・ヌルヌルするぅ・・・
あぁんっ!影鞍Pの・・・もぉ・・・・・・
ひぃん!うぅっ!あかいしP・・・までぇ・・・・・・うくっ
なんてことを考えて一人で××!
いやぁハイスペックってとっても気持ちいいですね!

そんでもって自作もニコニコで確認!
弾幕張ってもコマ落ちもなく、
なんと前PCのローカル再生よりヌルヌルしてます。
どういうことなのw

まぁ今のところはやっとこさネットに繋がったくらいだけど
そのうち怪物Xとプレミアのテストも兼ねて
新作上げようかなーって思ってます。
まぁ、テストなので作るほうも見るほうも軽い気持ちで楽しめるものをねw

うーん楽しくなってきたぜー

アイマス2次創作ティン言集&一言コメント -C74編-

2008/08/21 (木)  カテゴリー/未分類


  どんなに不利でもどんな逆境でもあきらめず
  審査員を帰してでも勝利を勝ち取る
  それがオーディションってものよ!


(天海春香/サバイバル★スター乙/きしゃー)

見開きダブルBADアピールが必殺技ぽくて超燃えますw





  ずっきゅーん♡

(千早/あなたとわたし/ぱ)

頭抱えるんじゃなくウル目で覗き込むあたりが狡猾すぎる。
でもそんなやよいに俺もずっきゅーん♡





  PPPH!!?

(萩原雪歩/シャイニーソング・ダイ/壱式所)

このツッコミは一番笑ったwww





  『ご飯に納豆、味噌汁、海苔、なにか♪
   トーストサラダに、何とかミルク♪』です


(高槻やよい/PORARIS-00/@saba-Kan)

鶏のエサ代も高騰してるから・・・・・・ぶわっ





  アイドルや部下としてじゃなく私を簡単にリードできる
  …なんて簡単には思わないように!


(秋月律子/続 MY FAIR LADY/Laugh Sketch)

この距離感がもどかしい。もどかしすぎる。





  千早ちゃんが心からの笑顔ができる楽しいことって
  『歌を聴いてもらう』ことだったのね


(三浦あずさ/ろぐます5/S-FORCE)

本当にいい笑顔。
誰かに聴いてもらってこその『歌』なんだねー。





  うはwwwww
  うwwwなwwwぎwwwっwwwてwwwきwwwたwww


(三浦あずさ/アイマス土用スペシャル/うたかた倶楽部)

つるぺたうなぎコスプレ、千早似合いすぎです。





  ぜったいトップアイドルになるわよ!

(水瀬伊織/手をつないで - Hand in Hand -/Re:Move)

子供っぽく歯を見せて笑う伊織がステキすぎます。
やよいの前では伊織も等身大っつーかなぁ。





  ぶっちゃけやよいじゃ無理なのはわかってるけど
  オレは困ってるやよいが見たいんだ!
  カワイイから!


(ウサちゃんP/MASTER MANIAX2/星狩座)

理解者ああああああ!!!





  あれ?
  違った?


(プロデューサー/二人の心と一つの想い/じこまんぞく)

飄々と何とかしてしまうタイプのP。小憎たらしいです。





  やよいは――
  それでも手をのばすことを止めなかった――


(プロデューサー/ハチヨンイチロジカル/digital*dokuichigo)

手をとるんじゃなくて、背中を押してあげたい。そんなやよいおりでした。


自作解説その7 「除夜 We Go!!」

2008/08/17 (日)  カテゴリー/未分類



風邪引き頭で思いつき、1日でやっつけ編集。
結果メカPの代名詞みたいになっちゃったとても頭の悪いMAD。
自分点とかつけるのもバカらしいけど
なんだかんだ大好きなんでAで。


当時「10日に1作」ルールを頑なに守っていた自分。
当然2007年最後のうpは12/30を予定していて
メランコリニスタでいくぜ!と曲も決めて
構想まで練っていたのでした。

ところが12/20うpの"Last Christmas"がまさかのランクイン。
急遽視聴者サービスでラスクリのアナザーバージョンを作ってしまい
作業時間が6日しかなくなる
年末で多少ヒマがあるとは言え6日はキツイ。
それでも他にネタがあるでもなし、
ワム版ラスクリを上げた翌日からフルパワーで制作を進める。

しかしそんな俺を突然襲った高熱
頭もガンガンしてモニターを見るのさえ辛い。
そりゃー当時はMAD作ってばっかで徹夜も繰り返して
お世辞にも健康な生活はしていなかったけれども
なんという間の悪さ!

某わか○らPなんかはそんな状態でもPCに向かったらしいけど
こっちはずぶの素人、駆け出しの新人P。
趣味が原因でリアルに差し障るのも嫌だったので
12/28だったかな?1日床に伏せって休養する。

幸い翌日にはなんとかレッスンが出来るくらいには回復し
それでもメランコリニスタが間に合わないことは確実、
1日ずれ込んで12/31に完成するやも・・・・・・と思って
その日1日は病み上がりの体で編集に励むも
日付が変わったあたりでプッツリ糸が切れる
もーこりゃ無理だろうと。

12/31完成するとしても徹夜は必須の進行状況だし
病み上がりでコンディションは最悪だし。
そもそも12/31ってったらコミケ最終日な上
大掃除や飲みなど他にやりたいことを全部犠牲にして
その上で完成するかどうかは五分五分、みたいな状況。
そんなんじゃ当然気力も湧かず、というか
当時の自分はなんでそこまで自分ルールを遵守しようとしていたのかなw
他の人には気づかれてもいなかっただろうに。

まぁそんなこんなで12/29は前日と打って変わって
気力も湧かずPCにも向かわずぽへーっと過ごした。
しかし昼ごろだったか夕方だったか、突如俺に閃く一つのアイディア。
「ネタMADなら1日で作れるし、お茶濁せるんじゃね?」
天才。つか天啓

電流走った俺は早速PCに向かいネタを、ネタを・・・・・・
「ネタなんかそう簡単に思いつくかッーーーー!!!」
年末なのに一人テンション上がって楽しそうな俺。
まぁつまらないネタでいーや、受けなくてもいーや、
そんな思いでしばし思いにふけること数十分。

3作連続でクリスマスを作ってきたこともあり
考えは自然と時事ネタ、季節ネタへ。
年末、大晦日、大掃除、年賀状に年越し蕎麦、
コタツでみかん、外は雪、レコ大、紅白、行く年来る年・・・・・・
除夜の鐘、除夜の鐘、除夜の鐘・・・・・・

除夜 We Go!!

「よし、いける。」と確信する俺。
何が「よし、いける。」なのかは不明。
タイトルで落ちてれば大丈夫、とかそういうことかもしれない。
そしてネタかぶりはないかと考えようつべでニコる。
ない。クレヨンしんちゃんや「忙しい人の・・・・・・」はあるけど
アイマス×除夜の鐘はない!

無事にかぶりを回避・安全を確認した上で
さっそく除夜 We Go!!の制作にかかるも
タイトル以外考えてなかったのでここから更に悩む。
順序が逆だよね、今更だけど。

と、ここで一つ閃く。
1サビ直前の「どーん!」を108個並べて
除夜の鐘に見立てるっていうのはどうだろう・・・・・・
一応タイトルどおり除夜 We Go!!になってるハズ・・・・・・
って、面白いのかソレは???

まぁ作ってみないことには仕方が無い。
面白いのかどうかもわからない。
ということでひとまずニコニコに上がっていたHere We Go!!を
とりあえず各キャラ別に集めてみる。
(108個全部違う映像にすれば面白いかも!とか考えてたんだと思う)

しかしこれがまた一苦労。
FLVでのDL、aviへの変換と1時間ほどの作業で集まったのは高々20素材。
コレを5倍とか心が折れるわ・・・・・・とりあえず今あるので組んでみて
面白くなかったらやめよう・・・・・・と思って組んでみたのが・・・・・・

こんな感じだ。



おもしろくねェェェエエエエエエエエエ

というわけで1時間の努力も空しくあえなくボツ。
やっぱりちゃんと考えてから作らなきゃ駄目だなと思い
色々考えた結果、発想の逆転を起こして
サビのGo!!やサビ前のドーン!を除夜の鐘に置き換える
っつーのはどうだろう!っと脳内再生。
ここでようやく音MAD方面に方向性が向いてくる。

しかし108回撞くのに拘るなら何週もしなければ、
でも長いとつまらないし・・・・・・と考え
「メッ」「シュン」「チュッ」「キュン♪」
なども除夜の鐘にしちゃえ!と思いつく。

それでもまだ108回に拘っていた俺。どんだけー。
この発想ではせいぜい18回で、6週推奨とかは流石に長い。
受ける受けないよりパッと始まってサッと見終わるのがいい。

しかし2分に108回は多すぎる、
裏拍刻むくらいでないと・・・・・・と言う思考回路で
(どういう思考回路だ)
裏拍刻みを思いつき、数えてみるも
全体にやると108を超えてしまう。
(全体にやるとうるさい、という発想はなかった)

そこで2番のサビ、1番と同じことの繰り返しじゃ飽きると言うことで
ここから刻みを入れてみたらどうかな・・・・・・と数えてみたら
なんつー偶然か、トータル54回という奇跡的な数字に。
ここまでお膳立てされて作らぬは職人の恥、ってことで
ここから本格的に制作を開始する。

なお、ここまでの音MAD方面の構想の中では
おもしろいおもしろくない、インパクトのあるなしより
ただひたすら「鐘の回数」を気にしていた気がする。
それが結果的に面白いネタに繋がったのだから
やはり聖夜の奇跡と言わざるを・・・・・・
除夜か。

閑話休題。
先ほどのネタ被りチェックのお陰で大した手間も無く映像素材と音源を入手、
あとはアイマス素材だけ・・・…ってまたユニット育成か!
それでもラストクリスマス用のデュオやトリオが残ってはいたが
ロリトリオとかは次のMADのソロ雪歩カメラバグ用に曲消費して
既にHere We Go!!が選べなかったのよね・・・・・・
(カメラバグとか曲消費とか、時代を感じるなぁw)

てなわけで流用できたのははるちは・りつあずの2ユニット。
こいつらがDランクなのと
年の最後くらいいいステージで躍らせてやりたいぜ・・・・・・
ってのがあって残りの子もDランクまで育てることに。
これでまた5時間くらいを使う。

ちなみに年の最後くらいマジメなMADで、という発想は無かった。
歪んだ愛情表現に定評のあるメカさんである。
衣装は和ふぅにハカグラ、
遊び心でアクセサリーをユニットごとに変えてみるも
音声部分のインパクトのせいで完成品においては石ころ帽子。
しかし春香の帯刀に気づいてた人が一人いたのはびっくりした。
愚民ってすごいね!

そして更にまた変なチャレンジ心が働き
ユニットごとにボーカルをパート分けしてみるも
カメラさんが性格悪くて口パクOFFばっか撮れるハメに。
しかも遊んでたせいで微妙に時間が無い!
てーわけで完成品を見てもらえればわかるけど口パクが多かったり
律子や美希のアップがなかったりとひどいカメラ。
でもサムネに使ったやよいのアップは
「サムネから」みたいなコメントもついたし、
やっぱりやよいちゃんは可愛い
ってことで結果オーライだ。

そして撮れた素材にちょこちょこと坊さん&鐘を乗せていく。
この時点で超つまらなかったらやめようと思っていたけど
そこまでつまらなくも無かったので作業続行。
仕上がりはまぁまぁニヤニヤする程度かな。
俺バカスwwくらいの。
そんでおまけでいおりん初日の出風年賀状を添えて完成。
その後、あろうことか底辺スレにSRSする。

いやーだってネタMADって初めてだったんだよ。
ウケるウケないは全くわからないにしても
どんなものか、アドバイスとかも聞きたかったし、
当時はMADが出来たら底辺スレ、ってのが当たり前だったからなぁ。
本スレ行くようになったのも今年からで
本スレ貼りとかは頂点Pがすることだと思ってたし・・・・・・
(今では自分も貼ってます)

そんなわけで底辺スレにSRSする。
返ってきた反応は「面白かったw」とかで上々。
「全編刻めばよかったのに」とか「カウントすればいいのに」
みたいな核心に触れるのもあったりして、
まぁ2周で108回っていうのはこのMADの本質だけど
自然発生に任せればいいかしら~ってなノリで。

しかし段々ウケかたがおかしくなってくる。
うどん吹いたwwwとか、そんなにか?と思ったし
数時間でコメントも250を突破(うち50はヒットカウントだけど)
それから「アイマスMADの可能性を見た」的な長文レスまで頂く。(バカスwww)
これはまさか伸びるのか?wと思いつつも
朝にコミケを控えているのでおとなしく寝る。

3時くらいに起床しまぁまぁ盛り上がっているのを確認し
市場のカルロス・ゴーンをロックして始発でコミケへGo!!
午後5時ごろに帰宅して伸びをチェックしてみると・・・・・・
まー伸びてやんのw本当お前らバカだなとwww
ランキングはずっと50位くらいにいたみたいだけど
マイリスに対してコメント・再生が多くて
ヒットカウントも3回くらい代替わりした感じw

「2週で108」みたいなキリのよい数字に拘ったのがここまで功を奏するとは
露も思っていませんでしたよまったく。
しかしあれだ、音量バランス不可抗力なんだからね?w
言っても信じてもらえないかもしれないけど、
うちのアイオー社製のキャプボはすごく音がちっちゃいの。
だからそのまま使うとゲーム音源が小さくなっちゃうのは仕方が無いの。
MAD造ったことある人なら共感してくれるハズw

しかしやっぱり時期的にニーズにあったネタを提供できたのと
制作者は休みたい(作りたくない)
視聴者も休みたい(ニコニコ見たい)
っていう意味で競争相手の少ない時期を狙い撃ちできたのがよかったのかなっと。
明音さんの新年動画やセバスチャンPの棚雪歩などスゲーのもありましたけど、
おかげさまで本作はランキング入りした状態で年越しすることが出来ました。

大晦日はもう夕方からは桃月SIR一色で
メカさんもビール片手に涙目でまっすぐを歌ったり、
しねぇよwwwwww
当時パソコンはリビングにあったんじゃ!
まぁ、それでもニコマスの1年を締めくくる素晴らしいランキングで
非常にいい気分に浸っていたのですが。

まぁその先は二次会といいますか。
昼ごろから「このMADで年を越すぜw」みたいなコメを頂いていて
これは俺も付き合わんわけには行かんなと思って
「除夜 We Go!!」で年越しをすることになったわけです。
あ、でも他にもう一つ「ちゅるやさん風アイマスキャラで除夜の鐘」
ってのがあってそれも好きすぎたので結局二窓でw

「除夜 We Go!!」の方は相変わらず芝が生えつつ
2008コメント支援してくれる方などもいて、ワイワイガヤガヤ。
ちゅるやさんの方はまったりとチャットなどしつつ新年を待ちました。
そんで運営による力の入った時報などがありつつ
リロードで時報回避して年明けと同時に「あけおめ!」コメ
結局年内の2008コメは成らなかったのですが
年明けから5分もしないうちにあっという間に2008突破して
それから30分はあけおめ以外のコメがつかない
ちゅるや組からも「除夜 We Go!!」にあけおめコメが付いていたのを見て
あーやっぱりニコマスっていいなぁ
新年もいい年になるといいな!と年明けを噛み締めていました。

とは言え結局はバチあたりのアホMAD、
日中も芝をはやさない「バチがあたるぞ」みたいなコメも頂いたので
年明け後しばらくしてから縁起担ぎに神社へGo。
ランク入り感謝のいきおいもあり、お賽銭765円を投じて
おみくじを引いてきました。
結果は「吉」で、解説は
『人の道を踏み外さなきゃ大丈夫』
ってイキナリ駄目っぽい!

年が明けても「除夜 We Go!!」は伸び続けて
結局1/1のお昼ごろまでしぶとくランクイン。
再生は30000を軽々超えて
今年の4月にえりりんを作るまでの3ヶ月間
名実共にメカPの代表作であり続けました。

しかもラストクリスマスのヒットの後に除夜WeGoだから
ニコマスまとめWikiのメカPの項には
季節感に定評があるP。
と説明される始末。しかも説明それだけ!
嬉しかったけどwwwWikiに乗せてもらって嬉しかったけどさwwwwww
あんまりだwwwwww

と、そんなこんなで
視聴者サービスやら高熱やら
奇妙な偶然が重なりに重なって完成したこのMAD。
一時はネタが代表作なことに落ち込んだりもしたけれど
これのお陰で楽しい年越しを迎えられたことなどは
とてもいい思い出です。
なんだかんだ作ってよかった!

今年の年末もネタがあったら作りたいなぁ、除夜MAD。

とにかく大成功

2008/08/17 (日)  カテゴリー/未分類

コミケ行ってきただァーーーーッッツ!!!

とりあえず参加者の皆々様にお疲れ様を。
涼しくて絶好のコミケ日和でした!

メカさん的には東方が2日目、アイマスが3日目で
なんでセパレートしてんだこの×××××!
でもアイマスでイベント参加するの初めてだし
東方はほとんど委託で買えるし
迷わず3日目に参戦する運びとなりました。

いやーしかし楽しかった楽しかった。
アイマスはまだまだ小さいジャンルで
東方に比べたらスペースがン分の1しかないけど
その分端から端まで見てやるぜ!って意気込みで
ひたすら立ち読み周り。いつもの3倍。

最後の方は疲れてて、MADをマイリスするくらいのノリで
500円玉をポーンと・・・・・・

やーでも本当、大満足の大漁旗です!
名作、傑作、感動作、問題作、
ガチ、ネタ、ギャグ、コメディ、エロ、パロ、カオス、シュール、
オリキャラ、新キャラ、百合、三角関係、不順異性交遊、
番組、オーディション、ステージ、オフ、
サクセスストーリー、サイドストーリー、アフターストーリー、
DLCネタ、ACネタ、ライブネタ、土用ネタ(?)などなど・・・・・・

とにかく色々買ったですw
基本的にガチが大目なのはモロ好み。
涙腺ぶっ壊れるような失敗エンド漫画とか
オーディションでガチバトルとかもっとあると面白かったんだけどなっ☆
いやいや、現状でも100%満足だけどね?
次は120%欲しくなっちゃうよナー。

と、今日のところはこれくらい、
東方の委託を買う作業に戻りますorz
アイマス本のお気に入りとかも、またいずれ書くっすー。

自作解説その6 "Last Christmas(Wham!ver.)"

2008/08/16 (土)  カテゴリー/自作解説など




前作ヒラリーちゃんラストクリスマスのランク入りと
それについた「Whamじゃないのか」弾幕を受け
視聴者サービスのツモリで作った1作。
2~3日で作った割にはただのオマケ・焼き直しに終わらず
単品としてもちゃんとした仕上がりに出来たかな。
自分点はB

というわけでLast Christmasのアナザーバージョンです。
動機は上述、皆に見てもらってワーイっていうのと
ワムワム言われてチクショー!
っていうのの二つ。
はい、大人気ないです。さーせん。

つーわけで前作ランキング入りの翌日に
原曲版をTSUTAYAで借りてきたメカさん。
原曲を聞いてみると
・長い
・ゆっくり
・歌手が男

と、若干ヒラリーより大変な要素が揃っている。
(ちなみに聞いたの初めてでした)
そこで
・音源ショートカット
・別映像
・真メイン

というチェンジを加えて一から作り直すことにしたわけです。

真をメインに持ってくるに当たって
自動的に相手は雪歩に決定。
前作メインとサブだったはるちはを引き摺り下ろして
おばさん年長組とロリは据え置きと
全体の半分くらい立ち位置をチェンジ。

でもまぁ一から作り直すとはいえ振り付けも流用できるし
ダンス素材もヒラリー用に撮り溜めしたのがあるし
楽に出来るだろー、と楽に構えるも読みが甘く。
真ソロと美希まこデュオの育成は大変だわ
HDDの都合で撮り溜め分が消えてるわで
結局映像はほぼ新規でのキャプチャとなりました。

それでもなんとかクリスマスには間に合わそうと言うことと
やはり振り付けが決まっていると言うのは大きく
振り付けできてればあとはもう手作業なので
結局編集に要したのは2日
この仕事の早さは自分でも褒められたものかと。

むしろ問題はシナリオと言うか構想で、
ゆきまこをメインに据えてしまったために
前作春香さんヒロインのシナリオを丸々流用するわけにも行かず。
Pまこ→ゆきまこ
ってのはなんか混ぜてはいけないものを混ぜていると言うか
自分として納得が行かなかったので
半日くらい考えて真くんの失恋相手に美希を起用。
みきまこ→ゆきまこ
という腑に落ちる構図がここに完成。

当時もダンスシンクロメインで行ってた自分にとって
配役と振り付けが決定すれば作業の1/3は完了で
あとは編集と試行錯誤、うp主コメ考える――とかそれくらいだったので
本当に楽な動画でした。
やっぱり半日くらいでティンとくるシナリオが思いつけたことが大きくて
あと1日遅れてたら作ってなかったかも知れませんねー。

ただ余裕がありすぎるのもどうかと言うか
小人閑居して余計なものを詰め込む。
真メインなのに雪歩誕生祭ぶっている所とか
オバサン年長組が天使をやってコケるとか、
前作でウケたうっうーを強調する
真美がいるなどなど・・・・・・。
特に2つめと3つ目はおふざけが目立ったかなと反省しております。
Dランクのダンスアクシデントとか出すの大変なのに
俺って奴は・・・・・・

時間もないのにそんなところにかまけているから
作曲者のスペル間違えたり
プレゼントのスペル間違えたり(prezent)
ヒラリー版の歌詞を付けちゃうみたいなミスをするんです!

あ、そうそう、ヒラリーちゃんからの流用っていう面で
思いがけず苦労したのが歌詞
男性Ver.の和訳を考え直すのが予想外に面倒でした。
しかし歌詞シンクロの裏技と言うか掟破り、
歌詞の方をストーリーに近づけるという手を
使えたのはラクでしたけどw前作も同様ね。

前作と比較するとメインキャストの色が薄いし、(赤はやっぱりいい)
画質もなぜか悪い、(なんで?)
全体的にもなんとなく調和していない感じで
コメントで「オールスターの意味があんまり」って突っ込まれちゃうし。
(的を得てると思う)

やはり前作の調和が奇跡的だったのかなーなんてことも考えますけど
ラストのゆきまこに至る瞬間だけはヒラリー版と比べても遜色ないかと。
春香さんメインの方は後半特に山場も無くすんなり終わるので
構成の勝ちみたいなところありますけど
全体的に素晴らしくなくてもどこかひとつ「これ!」って魅力があるMAD
やっぱり好きだし、自賛になっちゃうけどこの時間このタイミングで
よくもまぁここまでそこそこ魅力的なストーリーを思いつけたものだとw

聖夜の奇跡、ですかね。
(オチ自重)

くっぎゅぎゅぎゅぎゅ

2008/08/15 (金)  カテゴリー/宣伝

とらドラ!アニメの逢坂大河くぎゅがやるらしいですね!
んとにもー、なんつーキャスティングw頭悪すぎw
ちったぁ捻れよバーカwwwwww(ツンデレ)

とらドラ!1とらドラ!1
(2006/03/25)
竹宮 ゆゆこ

商品詳細を見る
竹宮ゆゆこ

ってか情報半月前かよ!俺早orz
さて、OPジェバンニの準備でもするかな・・・
キコキコ。(関節音)
発表から5時間がとりあえずの目標タイムかなっと・・・。

っと、以下「とらドラ!」知らない人のために補足。

「とらドラ!」は暴力的ドジっ子ツンデレ美少女
犯罪者フェイスの主人公と協力して
互いの恋を実らせるべく同棲生活
みたいなそんな感じ。

あと遊戯王ネタとか、そんな感じ。
こんな説明j(AA略

いやーしかし楽しみだ!
とにかくメカさん的に好きすぎるラノベなんでね。
来期に大期待!

自作解説その5 "Last Christmas"(Hiraly Duff ver.)

2008/08/14 (木)  カテゴリー/自作解説など



Xm@s2作目、トータル5作目。
初のランク入り、初の荒らし、初の職人などなど
はじめてづくしの思い出MAD。
内容的にも絵的にも会心の出来で
自分点は文句なしのA


そんなわけで色々思い出深い作品Last Christmas。
ローカル環境で処女作から順にコメント無しで見たりすると
4作目と5作目のクオリティの違いが歴然でw
まぁ当時はそのときそのときでベストを尽くしていただけだから
最初は思いもよらぬ反応に戸惑ったものだけど
この曲の技術的課題のお陰で
自分の感覚もある種のブースト的に育ったと思う。

そんなこの曲「Last Christmas」を知ったきっかけは
本当の本当に単なる偶然。
実はそれまでヒラリー・ダフWhamも、
この曲すら知らなかったんだw
だからコメントやレビューで
「鉄板曲」「何故カバーを使った」などと言われても
えーそうなんかー有名な曲なんかー、としかw

事の発端は1作目「毛虫」を制作する際
当時MD音源しかなかったためにTSUTAYAにCDを借りに行って
ふと目が留まったのクリスマスソングのオムニバスCD
それまでTSUTAYAに行くこともあまりなかったし
オムニバスCDも全然聞いたことなかったけれども
まぁ色々聞いておいた方がMAD作りに活きるかもしれんね
と思って試聴コーナーで試聴して
1曲目を聞いてティンと来たのでレンタル。

その1曲目というのがまさにヒラリー・ダフのLast Christmasだったというわけ。
なんという「運命の出会いって信じてる?」
春香だけに!上手いこと言った!(そうでもない)
ちなみにそのCDを感謝の意味も込めて市場に貼り付けておいたら
なんと1枚売れました!wスゲースゲー
あ、でもこたつを売ったかみたPほどではないね。


げへへっ

そんなわけでオムニバスCDの他の20曲には目もくれず
Last Christmasだけ1ヶ月ほどヘビロテしてみた結果
イメージ的にまず春香さんが固まる。
ただ「うっうー」など他の子を入れたい箇所もあったので
最終的にオールスターで行くことに決定。

今でこそオールスターMADを7~8本?作ってるメカPさんだが
当時はオールスターって言ったらそれだけで大挑戦。
そもそも育成が大変な上ダンス素材の使い回しが利かないという、
難易度よりも手間的な意味で大変だった。

しかし初めてのオールスターは大変以上に楽しかったなぁ。
オールスターの方向性が決定してまず取り掛かったのは訳詩。
訳詩っつーか、歌詞の意味を把握とかそのレベルw
なんと当時の俺は失恋ソングだと知らないうちから
春香さんメインを決定していたのである。なんというエスパー!

それで、「まぁ大体失恋の歌かな」くらいの理解をした上でユニット割り振り。
春香さんメインは崩さず、しかし歌唱力的な意味
失恋の傷を癒す役どころで千早さんをサポートに配置。
当初は春香さん→失恋した新人アイドル 千早さん→先輩歌手
という設定もあったが特に活かせることもなくボツ。

あとは前々からやりたかったロリトリオの天使コスプレを即決、
はるちは→歌手 ロリトリオ→教会のお芝居
という流れでゆきまこのカップルが決まり、
動画のテーマが「それぞれの過ごすクリスマス」になんとなく決定する。
(ここら辺の意図を読み取ってくれたコメントが付いたのは嬉しかったな)

りっちゃんあずささんは「女二人のクリスマス」
もしくは「はるちはのバックコーラス」両方考えたけど
最終的には脇役にそこまで意味を持たせる必要もないかな
なげやりな扱いになるw(我ながらひでえ)

美希は去年の失恋の恋敵ということで
重要な役ながらも目立ちすぎないよう気をつけつつソロに。
更に一歩踏み込んで
「去年の失恋の恋敵だけど美希も結局は失恋している
「春香には千早がいるけど今の美希は一人で立っている強い子」
みたいな設定も考えてはいたけれどやはり動画には活かせずw
ただ、「今も幸せ」って設定だったら茶髪にしていたと思うから
金髪美希を使っているあたりが名残なのかなー、と。

あとクリスマス×失恋というテーマは前作とかぶっているけど
どちらも失恋の相手は大して考えていなかった。
Pでもいいけど、どうでもいい。」みたいな。
ただ春香さんと美希を泣かせて許されるのはPくらいかな……って
俺こんなこと言って大丈夫かなw 愚民とハニーに殺されないかw
ただ、許されないまでも、天然なPに美希と春香が泣いちゃうみたいな
ストーリーもナシではないと思うので、
そこらへんは動画見た人がそれぞれ補ってくれればいいかなって。(ぇー)

バックストーリーはこれくらいにして制作の話。
実は当初これと「メランコリニスタ」を同日うpするという
とんでもないスケジュールを組んでいたために
制作自体は最初からハイペースで行われる。

なぜそんなスケジュールを組んでいたのかというと
発表予定日が12/20だったために、
雪歩誕生祭とクリスマス両方作りたかったから。
結局メランコは翌年にまでずれ込むことになったけど。

そんなわけでまずユニットをそろえる。
はるちは、ゆきまこ、りつあず、ロリトリオ、美希ソロ、春香ソロ、千早ソロと
総勢7ユニット参戦の超大掛かりなプロジェクト。
ほんっとーに大変だったわ!
ゆきまこと美希ソロは前作からの使い回しがきいたけど
他5ユニットは2日くらいかけて全キャラカンスト→ファン10万人獲得の繰り返し。
当時はそういった手作業の合間にヘビロテを進めるみたいなのが楽しみではあったけども
さすがに5ユニットはキツかったw

あと春香と千早を別々に扱うのはちゃんとストーリーがあって
「失恋した春香を千早が元気付けてまた一人でやっていけるようにしてあげる」みたいな。
メカP作品の千早さんはいつもそんな感じで損な役回りw
だ が そ れ が い い 
冒頭の春香さんがスノストルーキーステージなのは1年前のクリスマスの表現、
そこからはるちはになって、以後春香と千早は一緒のステージに立たない。
テケトーに見えてちゃんと考えて組んでるわけです、というか
そういう絶対伝わらないだろーという所に意味を込めるのが楽しいわけですよ。
わかるでしょ?

服装は春香さんと千早さんはクリスマスカラーの赤チェック。
サンタ帽も試してみたけどシリアス度が下がるので却下。
かわりにゆきまこを私服+サンタ帽にする。
これは前作のなごりってのもあるけど
カップル・ホームパーティ・ケーキ屋のバイトなど
庶民的なクリスマスが連想されて実によかったと思っている。
反響もよかったし自分でもお気に入りw

ロリトリオはありすえPの「フタリの気持ち」いおりんを参考に天使コス、
やはりありすえは偉大でこれもとても可愛い。
残された律子あずさ美希のおっぱいトリオ
使ってない色使っとけばいっかw
というとても軽いノリで色決定。
デザイン的にVo服は決まっていたので、青緑オレンジなど試してみて
主役サイドと対比を出したかった美希は青かなと思いつつ
青いVo服がなかったので水色、
律子あずさは大人な雰囲気を出すためシックな緑色のパッチワーク衣装に決定。

これが後に
「春香千早がサンタ、雪歩真がカップルでロリトリオが天使
 律子あずさがツリーで 美希は星(or美希は雪)」
というような素敵な解釈を頂くことになるのですが
後半は単なる結果オーライです。
ホント、まったく狙ってなかったよ?w
いやーでもこういう結果オーライは大歓迎ですw

そんで大体のコンセプトと配役・衣装が整ってようやく制作開始。
ダンスは「思い出をありがとう」を基調に、
「うっうー」から逆算した「太陽のジェラシー」や
ゆきまこ部分にはひゃうぃご、まっすぐ、蒼い鳥など
基本的にどんなダンスもピッタリあってスムーズに進行。
オールスターだと切り替え前後のスモークの有無を気にしないで済むのがすごく楽。
トランジションもホワイトアウトやブラックアウト、
止め絵フェードにクロスフェードなど
場面場面に合わせて持ち技をフル活用。

2番サビ後の間奏、一気にオールスターに展開する部分や
春香さんの「Merry Christmas」、3サビのいおりんのカメラ目線など
非常に綺麗なカットもたくさん撮れて大満足。
orgonePの"LOVE"に影響を受けた3分割コーラスとか
最後のクレジットも、遊べて楽しかった部分。

ただ、今までソロしか扱ったことがなかったから知る余地も無かったけれども
デュオやトリオで欲しいキャラのアップを撮るのってものすごく大変で。
トリオだと3キャラ×3カメラで1/9の確立なんだけど
マーフィーの法則が働いて、9回くらいで済むことはめったにない。
具体的には2番メロの律子あずさコーラス×2ややよいのうっうー、
チュクターンの亜美伊織などが該当するけど
律子あずさコーラスは原曲のカメラ割りタイミングをまたぐため14回ほど撮ったし
(しかもその後春香の正面アップの撮影がある)
やよいのうっうーに至っては折角取れた正面アップがまさかのコマ落ち
(よく見れば分かると思う)
その後10回ほどリテイクするも心が折れて泣く泣くコマ落ちを使うことに。

longのダンスなどは結構スンナリはまるものが多かったけど
アップ素材であそこまで苦戦するのは正直計算外で
もはや意地になっていたのと和訳などの作業も重なって
結局メランコの同時うpは諦めることに。
ごめんね雪歩!後日ちゃんと完成させたから許して!
ていうか諦めるの遅い!そもそも同日うpとか無謀すぎるだろjk。
まぁ、同時うpするくらいの気持ちで挑んでなければ
Last Christmasもクリスマスに間に合ってなかったと思うから結果オーライとするw

映像加工の面では上記の3分割やクレジットもチャレンジだったけど
「色調補正」と「エンコード」という技術的課題にもチャレンジ。
これまでの作品ではデフォルト色調、デフォルト画質だったものを
今回は色々弄ってみることに。
結果この作品だけ頭ひとつくらい画質が綺麗になっている感じになる。
基調となる「思い出をありがとう」のスモークの白と
赤や緑のクリスマスカラーが相性よかったんだろうなぁ。
音もモノラルで56kbps程に押さえて変わりに動画に550kbps以上振る。
英語歌詞と日本語歌詞、両方入れたかった関係で
どうしてもアス比を4:3にせざるを得ず、
16:9より画質が落ちる分を気にしてみたってところ。

そうそう、今作のもうひとつのコンセプトが「和訳
これは個人的な課題だったんだけど意外にウケがよくてビックリw
やーデフォルトの和訳歌詞がすごく直訳っぽいのが嫌で
苦手ながらも英語にチャレンジしてみようと思ったわけ。
男性視点の曲を女性がカバーしている関係で
ちゃんと女の子っぽい歌詞がなかったっていうのもあり。
まぁ和訳といってもネットで集めた和訳歌詞を比較して
正解っぽい解釈を探す&少しでもマシな日本語歌詞を作るだけ。
ただ一応保険のために英語が得意なリアル友達のや○い君に助力を請う。

多忙な生活を送るや○い君を煩わせまいと
原曲の英語歌詞とカバーの女の子版英語歌詞、
それから自分訳の日本語歌詞を添付してメールでチェックを頼んだところ、
あろうことかや○い君が俺の歌詞をヤンデレ調
に訳して返信してくる。
これお前の趣味じゃねーか!と突っ込んだところ
「え、春香サンって閣下なんじゃネーノ!?」
と怒られる。いや、怒られても……。

そんなわけで和訳チェックに礼を言いつつヤンデレ和訳をやんわり退け
いよいよ完成に向けた最終工程・ラストスパートに入る。
と、ここでアクシデント発生。
冒頭の間奏部分で使うはずの六本木ヒルズの写真がネットに落ちてないw
六本木ヒルズは765プロビルのモデルとなった建物で
当時whoPラブだった自分はこの作品で
実写素材にもチャレンジしてみようと思ってたわけ。
てか振り返るとチャレンジ要素多いなーw若さゆえの無謀か。

それで765プロの背景をそのまま使ってみたりもしたけれどもやっぱりしっくり来ず
仕方が無いからうpの前日六本木まで写真を撮りに行くことにw
ちなみにその頃はMAD作りが楽しくて仕方なく
週1くらいで徹夜をすることはザラ。 (もちろんMAD以外の徹夜はノーカン)
しかもこのMAD周辺のスケジュールは輪をかけて酷く
 18夜飲み会→徹夜→19夕六本木ロケ→19夜吉祥寺で飲み会
 →徹夜→20日夕エンコしてうp→20夜飲み会
みたいな連日の忘年会スケジュールの真っ只中で
2徹コンディションでキャプチャや編集、歌詞入れを繰り返していた。

そしてそれが原因で年末に風邪を引き、
除夜 We Go!!を作るに至るという話もあるけどそれはまた後日。

そんなわけで12/19の夕方、クリスマスムードの六本木を一人徘徊して
適当な写真を撮って回るも当日は生憎の曇り空
しかも飲み会の時間的都合で夕方w
そこらへんは画像処理ソフトでできるだけごまかしてみたけどどうなのかな。
10日ルールとか無ければもうちょっとマシな写真を用意できたかもしれない。
ただこの日撮りだめした写真が次作のWham版で使えたし
おみやげに買ってきたクッキーがクレジットで使えたので結果オーライ。
結果オーライばっかりだ!いいことだけど。

そうして撮ってきた実写素材は最終的にはMADと非常にマッチして
素材エンコの合間に進めてきた和訳歌詞も
(内容はどうあれ)英語歌詞と並べるとデザイン的にいい感じ。
初めての高画質エンコではビットレートオーバーに泣いたものの
無圧縮完成品とほぼ変わらない画質で仕上がり一安心。
そんなこんなの紆余曲折を経てようやくうpされたLast Christmas。
いつも通りに底辺スレにSRSしたあと飲み会へと急ぐ……。

で、ここからが本番ですよ!
(前置き長い!)

作品自体の手ごたえは中々だったけれども
SRSの手ごたえも中々、
「衣装が統一されてればよかった」→「一応意味があるんです(思わせぶりに)」
「美希が目立ってたかも」→「そうですね(と言いながら軽くガッツボーズ)」
「『たった1日で』のくだりを指一本のフリで合わせているのがよかった」
 →「ありがとうございます(と言いながらもただの結果オーライだそれ!)」
そんな感じで応答しつつ就寝。
3日連続の飲み会と2徹の疲れを一身に快眠。
翌日はちょっと遅刻気味でバタバタと出かける。

そして帰って伸びを確認してみたら……
8000再生!?なんだこれ!見たこともない数字!
まさかランクインしてるんじゃなかろうな、まさかな……
と思いつつおそるおそるランキングをチェックしてみると
なんと総合15位にランクインwどひゃー
しかももっと驚くべきことにこの後ゲームカテゴリ1位を取る。
(ゲームカテゴリ1位は後にも先にもこれだけだった気がする)

そっから先はもうお祭り。
訳詩協力のや○い君に連絡して成果を伝え
自分はビール片手に動画に張り付いてただただニヤニヤ。
リアルタイムでコメントが付いていく様子とか初体験で
とにかく楽しくて仕方が無かったのを憶えている。

ワムじゃないのか」弾幕、「お主もワムよのう」タグがついて
そもそもワムを知らないんですけど……と置いてきぼりをくらったり
シンプル、和むなどと言われて首をかしげたり
新シリーズMLやモモーイの話をしだす客など、
ああ、ランキングに入るのってこういうことかと新境地。

それでもその日のうちにありがたくも1万再生を突破し
ただただ動画に張り付きながらの放心状態が続く。
日付が変わった頃、放心状態はニヤニヤに変わり
ワムじゃないのか弾幕なども楽しんでいた。
つーか日付が変わってもまだ張り付いていた!
仕方ないでしょ!嬉しかったんだもの!

当時はマイリストを持っていなかったため
誘導リンクを貼っていた前作「クリスマス」も
1日で1000ほどもの再生数を頂き、
あろうことかそっちにまでコメントアートが付く!w
Last Christmasより早かったんじゃないかなー。なんでだw

そんなこんなで一時の幸せを謳歌しているところに
突然付いたネガコメ。
あれは2時台だったかな、
余りにも低レベルなテンプレ荒らしだったので
すぐにNGIDに放り込んだのだけれども何故か効果は無く。
荒らしが複数人いると気づいた頃にはコメントの半分以上が荒らしで流れて
約5分間ほどの荒らしでコメントは全部流れてしまった。
大量発生したイナゴのようだった。

あとでコメントに付いたURLを見てみたところ
VIP板のニコニコ荒らし板みたいなところの住民がやってる
無差別荒らしにあってしまったみたいで
推測だけどゲームカテゴリ1位になったから狙われたとか
そんな感じなのかなと。

まぁクソ下らない行為だと呪いつつも
今では相手にするだけバカらしいと思っているけど
当時の俺の凹みようは半端なかったw
それまでニヤニヤと張り付いていた動画を即閉じて
酔いも醒めてそのまま不貞寝w
でも朝起きて確認してみたら3時台くらいまでかかって
星弾幕でコメント流ししてくれた人が2~3人いて、
そのときはもう、本当に心の底から感謝した。
なんかもう、涙出そうになった。

当時コメント編集があったかどうかは憶えてないけど
まぁ不貞寝するよりやることもあったはずなんだよな。
それでも反省ってよりはただただ感謝の念が強くて
なんとかこの感謝を表現したい!ってことで
次の作品Wham版Last Christmasの制作を思いつく。

後日週マスの12位にランクインできて
これも「忘れられない思い出♪(美希ボイス)」なんだけど
やっぱりこの動画の思い出としては
ランクイン→荒らし→流しまでの一連のイベントが
一番印象に残ってしまってこればかりは仕方が無い。

いい事ばかりじゃなかったけれども
ただ悪い気分で終わるんじゃなくて
いいないいなニコマスっていいな
って気分で終わることが出来て、
かなり貴重な体験だったと思ってます。
二度経験したいとは思わないけどねーw
無差別荒らしするやつなんてちねばいいんだ!

と、思ったより短めに済んだかなw
思い入れがあるMADなのと、
あとこの方向性は後にも先にも作れていないなぁと言う
ある種的なポジションでもあるこの作品。
こうして振り返ってみるとシンプルな映像ながらも
自分なりのチャレンジに満ち満ちた意欲作であることは明らかなので
今年のクリスマスまでにはもう一つくらいこういうのを作ってみたいかな、
という心境です。

お、結構綺麗にまとまったけどオチがない。
仕方が無いのでや○い君のヤンデレ和訳を無断公開してオチに替えさせて頂く。
http://blog-imgs-19.fc2.com/m/e/c/mechap/yandelyrics.txt
たまにはこんなオチもいいよね・・・・・・

自作解説その4 「クリスマス」

2008/08/13 (水)  カテゴリー/自作解説など



Xm@sの1作目。友達以上百合未満なゆきまこ動画。
制作も楽しく、高速シンクロ・衣装チェンジ・メリハリのある構成と
お気に入りの作品ではあるものの
コンセプトのニヤニヤ具合をうまく動画に活かせなかったのが残念。
自分点はB

選曲はクリスマスが近かった、ってだけのことで
ゆきまこにしたのは何故だったか。
JAMにしては珍しい
彼が傍に居るだけで嬉しい彼女」と「空回りする彼
という歌詞の世界にゆきまこを当てはめてみて
鼻血吹いたからかもしれない。

ともかく大好きな曲だったのでウキウキで製作開始。
4作目だったのでそろそろ曲カットなども考えたけれども
2番がないとシメが成立しないと考えていたので
客ジェノはある程度諦めてFULLで作ることにする。

そもそも曲カットしたところで
動画を短くまとめるのだってセンスが要るし、
せっかくFULLを使ってティンとくる構成が頭の中にあるんだから
そっちを使わなければもったいないと言うことで。

そんなわけで曲に準拠して
1番ユニット → 2番別々 → 3番再度ユニット
というメリハリのある(※)構成を採用。
(※当社比)

振り付けは曲が高速なので
「THE IDOLM@STER」と「私はアイドル」でやってみよー
と思っていたらメチャクチャすんなり当てはまってびっくり。
これくらいのBPMの曲に対しての
この2曲の親和性は異常だと思うな。ポジティブに並ぶ最強性能。

あとは2番は回想的な演出ということで
苦手なモノクローム演出。というか白黒。
サンタクロースは夢の中」の部分だけは事前からイメージがあって
というかこの部分がこのMADのキモだったから!
公開後「ここがうまい」というコメントを頂きガッツポーズしましたw

大雑把にダンスを載せたところでコミュ演出。
これはほぼ事前のイメージ通りだったけど
解散のシーンと雪歩BADエンドのシーンを撮るのが
非常にかったるかったw

ダンス用にDランクまで育てたゆきまこユニットを
30週くらい休むを繰り返して引退に追い込み
会議室で落ち込むゆきまこをまず撮影。
解散コンサートでは何もアピールせず計画的にどんがら、
そして落ち込む雪歩を撮影。

出来るだけ悲しい表情が欲しいあまり
最後のタッチコミュでπタッチを決行。
後に罪悪感に苛まれる。
そんなわけでこの動画から「愛」らしきものを感じるとしたら
その「愛」の正体は罪悪感なのかもしれないw

そうして妙なしこりを残しつつ手に入ったコミュ素材を使って組み組み。
組みあがりに至るまで構想どおりに行かない箇所はあまりなく
更に衣装チェンジなどの思いつきアレンジも上手くはまって
2番サビ前のひっぱりすぎなホワイトアウト以外は
ほぼ文句なしの綺麗な仕上がりになる。
(そこは底辺スレでもつっこまれたw)

制作に当たって特筆することといったら
今回はゆきまこデュオ・雪歩ソロ・真ソロ
という3ユニット構成だったのだけど
HDDひとつじゃキャラをダブらせたユニットが組めない。
当たり前だよねー、当時はL4Uなんてなかったんだからねー。

デュオ部分を組んでから解散させてソロを撮ろうとも思ったけど
絶対に微調整したくなるし
そのたびに15~20週のレッスンし直すとか嫌過ぎる。
(当時はアクシデントが嫌で基本カンストするまでレッスンしていた)

というわけでメモリーユニット(メモリースティックみたいなもの)を密林で購入、
以後L4U発売するまで2つのセーブデータを使ってMADを作るのがデフォになる。

そのおかげもあって結局MADはスンナリ完成。
そう、制作は今までのどのMADよりスムーズに進行したし
どのMADよりも楽しかった。
特に高速ダンスシンクロを合わせるのがとても気持ちよかった。
(1サビ後の間奏のドルマスまこちんが一番好き!)

今年の4月くらいから高速シンクロ動画ばかり作っているのは
好きって言うのももちろんあるんだけど
作りやすいって言うのも大きいと思うんだよね。
まぁ、それが裏目に出ることもあるんだけどその話は別の機会にでも。

話を戻すと、そんなわけでノリノリで完成させた俺。エンコも終了。
ただ、「さぁうpだ!底辺スレでSRSだ!!!」
と思って底辺スレでSRSしたところに・・・・・・
週マスの冬スペがかぶる。
なんという鬱タイミング!

底辺スレのみなさんもランキングに流れたのか俺のSRSはスルー気味。
当時は1つのSRSに平均4つくらいレスがついていた(と思う)のに
その日は1つ。

その1つに丁寧にお礼を書きつつ (丁寧:ネタを絡ませること)
ビールを飲みつつランキングを視聴。
どうせ帰ってくるさー!などと虚勢を張っていたところ
ちょうど人が戻ってきたところに。
次々にSRSが来て俺のSRS埋もれる。
なんつー鬱展開!やんなるわ!

それでも「聞くは一時の恥」じゃないですけれども
「俺のもフルボッコしてくれ!」
と、勇気を出して再SRS。
いやーこういう姿勢大事よ? (自分で言うな)

「かまってほしかったのか?よしよし」
などとからかわれ
「べ、別にそんなんじゃないんだからね!///」
とツンデレで返すなどのプレイを交えつつ
多くの方から暖かいボッコを頂く。
概ね評価は良好だったハズ。
あとはアス比などの技術的なアドバイスを貰いつつ円満に退席。

その後は公開後1週間で3000再生ほどを記録。
上手くできた!と思った割には
BATHROOMと差がなくて少し凹んだりもしたかな。
BATHROOMは自分としてはかなり大失敗だったので
それと一緒じゃやっぱりね。

BATHROOMが休日うpだったのが大きかったのかナー
結局はそういう原因で決まっちゃうのかナー
そういうのって何かやだナー
などとスパイラルっていたのも今ではいい思い出。

うp時間などに左右されて
努力した分が結果に反映されないのはおかしいです・・・みたいな。
俺は千早かwww
そんな可愛いもんじゃないけど!

んまぁそうは言ってもBATHROOMと比較さえしなければ満足な出来。
ただ冒頭にも書いたけど
ゆきまこクリスマス」という鼻血モノのコンセプトが
動画の中で消化できず、コンセプト倒れに終わっていたのはあるかな、と。

要するに、綺麗で可愛いのはわかったから
もっとニヤニヤさせよと。

ゆきまこというカップリングがニヤニヤなのはさんざん言われて実証もされてきた、
雪歩と真が二人で過ごすクリスマスが鼻血モノだという着眼点はよし、
だったら次にすべきなのはそれを動画で表現することなんじゃないか、と。
お前はそれが出来たのか?と。満足したのか?と
そういう意味で自分点はBをつけました。

まぁ、衣装チェンジが入っているくらいで
それ以外は普通のダンスシンクロ、と言われたら言い返せないわけで。
やはり映像それ自体が持つパンチ力、そこらへんは不足しているよなぁと
改めて考えさせられました。

とは言え向こう3作くらいの構想は固まっていたから
すぐさまパンチ力パンチ力とがっつくことは無かったわけですけども。
そしてそれが功を奏するのが次回作というわけで明日に続く。

お、綺麗にまとまった!(※当社比)
でも次は結構語ることあるよw
色々思い出のMADだからねー。

雑記

2008/08/12 (火)  カテゴリー/雑記

自作解説が長いです。
やってられんです。やってるけど。
起承転結とか無いし、自分語りだし
こんなん読んでくれる人はいるのだろうか。
俺か。
(今日の分は1個下の記事へどうぞ!)


のだめの21巻買ってきた。
ミルヒー耳悪くしてるのかナーバスになってる。
しかしようやっと面白くなってきたね!
Ruiとかターニャとかキヨラや黒木君やオクレール先生より
キャラとして魅力を感じるのはやっぱり千秋やのだめやシュトレーゼマン。
出来ればあまり寄り道をせずにラストまで突っ走ってってってー。


アイマス同人通販生活。
またとらとメロンで諭吉ポ1枚分ほど買い込んでしまった。
今回1番のヒットはサークル「きしゃー」さんの「0 EXIT


きしゃー/よしをさん

本の内容はトゲトゲ千早が春香とPとの活動を通して成長していく話で
ゲーム準拠のシリアス系ガチで大変好みです。
ほのぼの描写も多々あれど
その暖かさが千早の心を溶かしてく様がああああ。

アイドルマスターの世界は基本的にユートピアで
それはおそらくアケ時代の殺伐と中和するくらいのバランスだから
コミュを単体で見たりすると和みが勝ってしまう。
ドラマCDやMAトークなど言わずもがな。
だからこそ自分は自分の過去作も含めて
そろそろほのぼのーな、「団結~」な、
オールスターな、仲良し~な、描写は過剰摂取、
これからの時代に必要なのはガッチガチのガチよ!
とか勝手に思っていたんだけれども。
こういう風にガチの中に意味のある形でほのぼのを組み込むと
ここまで活きるのかと目からウロコな思いです。自分の浅慮を呪うッ!
34ページと36ページの同じ構図のところとか特にグッと来ましたねー。
ガチでは波多緒理樹さん以来の大ヒットです。今後も追うぜぇーフヒヒ。

あ、あとこの方もヒット。


はれるや/しゅーさん

以前にえりりんの絵を描いてもらった方です!
す、すごく嬉しかったんだからねっ!
中の人スキーさんなのでマンガも中の人ネタかと思いきや
普通にアイマスでしたw
中の人ばっかり描いてるせいなのかそういう作風なのか
デフォルメがあまり無いムチムチした感じがとてもイイ。とてもエロイイ。
Pや千早にムハムハしてるはるるんも非常によいよい。
(よいよいってニゴさんの持ちネタなんだね。かみたPのオリジナルかと思ってた)
でもHALLEM@S1巻在庫切れだったワーイ!orz
くそー新刊のりっちゃんも楽しみにしてます!


ああ、なんというか全体的に雑。
雑記だからな!(オチ)

自作解説その3 「雪歩のBATHROOM」

2008/08/12 (火)  カテゴリー/自作解説など



3作目。
1作目2作目に比べてスンナリ作れなかった上
チャレンジが裏目に出た箇所・苦し紛れな箇所・雑な箇所が多くて
雰囲気的に残念な出来になっちゃったかな。
一部の方に長く気に入ってもらえて嬉しくはあるんだけど
自分点はA~Cで付けてC

さて、唐突だけど今日はありすえPの話をしよう。
話っていうか、ラブレターになっちゃいそうなのですが
できるだけ回避を試行しつつの進行を志向。
(でっきるっカナでっきるっカナ)

さてさて。
俺がアイマスMADにのめりこんでいく過程で
振り返ればいつもそこにはありすえが居た。
見る専として過ごした半年間のニコマスで
多分一番好きなPだったんだと思う。

MADプロデューサーの言葉で奴を語るなら以下の3点。
・根っからの盛り上げ隊長気質
・音弄りから描いてみたまでこなす多芸さ
・独特のフリセンス


長いニコマスP生活で忘れかけてはいたけれど
確かに俺のP活動はありすえPを目指してスタートしたはず。
(そういう人多いと思うけど、
 みんなが心に飼ってるありすえはおのおの違うわけでね?)
影響を受けたと言うよりは目指すゴールがありすえだった
ってのが正しいのかなと。

それでも俺は絵なんて描けないし
あんなペースでMADも作れない。
だからP活動を通して「ありすえPの好きなトコ」を抽出して
それを自分の芯にしていこうと思っていたと言うか
ありすえを消化しようとしていたというか。
まぁ、自分なりのありすえリスペクトを目指して色々画策していたわけ。

で、その一つとしてデビュー前に決めたのが「10日に1本ルール」。
当時ありすえブログで読んだ
 「ベストセラーや平台面出しや定番棚挿しにならなくていいから
  朝一で買われてるのにも関わらず電車の中に置き去られて
  でも片付けられるまで色んな人に回し読みされていく週刊漫画みたいな存在でありたい。」

っていう言葉がかっこよすぎて。

(孫引きだけどソース:mickoh@ニコニコ部
 http://nicovideo.g.hatena.ne.jp/mickoh/20070930)

それから蔵人さんが「多作はイイコト」みたいな書いていたのもあり
当時のwhoさんの芸風が好きだったのもありで
「とりあえず10日に1本はMAD作ろう」
っていう自分ルールを、まぁ今年の4月くらいまでは守っていたわけです。

証拠:拙作マイリスト
ちゃんと10日に1本ってのが伝わってくるでしょ?w
最初の方は。

で、全体としては10日ルールで「盛り上げ気質」を
「作品を固めないポリシー」で「多芸」を
それぞれ消化しようと試みていたわけだけど
(今はどっちも見る影も無いけどw)
じゃあ残る「フリセンス」はどうなった、と。

前置き長い!
もうちょっとだけ続くんじゃよ(えー

ここでようやく「雪歩のBATHROOM」に話を戻すと
当時は美希誕生祭に参加してPV巡りしたり
whoPの誕生祭メイン動画を徹夜で待ったりして
頭の中お花畑な、幸せなニコマスライフを送っていた自分。

しかもそのころは他人の作品を
ようやくMAD制作者側の目で見ることが出来るようになった時期で
何気なく見ていたありすえの凄さ、独特さに気づいて
「ニコマスしてる」ことにすごくワクワクしていた時期だった。

(ラブレター回避とか無理だった!)

そこに突きつけられたありすえ引退の報。
俺のテンション一気にどん底。
「俺のニコマス」音を立てて崩壊。

数日かけて「ありすえは新庄だったんだ」と無理やり自分を納得させるも
それを期に自分の中で変に大きくなるありすえの存在。
それが「変」ではなく「恋」だと気づいたのは
いやいや。

でまぁ、いい機会だしありすえに浸れるだけ浸っておこうと思って
未消化だったありすえエッセンスの最後の一つ
「フリセンス」へのアプローチを試みたのが
「雪歩のBATHROOM」だったってわけ。
前置き長かった!

まぁフリセンスへのアプローチって言ってもそれは稚拙なもので
「毛虫」はノーカット長回し×2
「美希への気持ち」はひゃうぃごの長回しにカットをはさんだだけで
結局は「今まで長回ししかしてなかったから短い繋ぎにチャレンジしよう」ってそれだけ。
それをありすえの思い入れとか交えて語るから訳わかんなくなるんだ!

さて、じゃあ俺の言う「ありすえ独特のフリセンス」って何なんだと。
(またありすえか!いいかげんにしろ!)

俺は「ありすえPはあまりシンクロ得意じゃないPさん」とか思ってたんだけど
俺がありすえ最高傑作と主張して止まない春香さんと「街へ出よう」!!
これを見てシンクロの概念ごとひっくり返った。
それくらいのカルチャーショックだった。


ありすえP (※他人による再うpver.)

最初見たときは「楽しいMADだなw」ってその程度。
通うようになってからは「フッジッサーン/(^o^)\」
そして自分でもPVを作るようになってようやくそのフリの異常さに気づく。

これ、当時相当ハマってパートごとにダンス分析したんだけど
基本的に8小節に3回フリチェンジしてるんだよね。
8小節に3回だよ?

や、そもそも多いって言うのもあるけど8小節に3回って何ソレ
そもそも割り切れないじゃない?
それが何、何でこんなに自然なフリになってるの?
今の僕には理解できない。

で、当時のブログの解説を読むと更にぶっとぶ。

 「動きよりノリ重視でほとんど速度調整はしてません」 (ソースなし)

ここで俺のシンクロ概念崩壊。
シンクロっつったらBPM計算という1次元的な解釈に
この瞬間別の基底ベクトルが加わって次元拡張。
以来振りシンクロという別の性癖を開発して今に至る。

んで当時はそれはもうリスペクトとかそういうんじゃなく衝動に近い感覚で
未知との遭遇を果たしてしまった俺は走り出さずに入られなかったわけだな。
そうして出来たのが「雪歩のBATHROOM」
あれ?さっきから話進んでなくね?

しかしそうは言っても振り付け的意味でド底辺だった当時の俺。
結局BPM合わせに頼った中途半端な長さ&不自然な繋ぎの応酬。
当時自分に課した「10日ルール」が裏目に出て
満足にダンスを煮詰められないまま出してしまう結果となる。

しかもあれだ、この時は確か制作に取り掛かるのも遅れたし
発表3日前くらいに段々脱げて行く演出を思いついてしまって撮り直し。
更にDランクだった雪歩を
「バスルームならローカルステージがよくね?」ってことで
またしても育てなおすと言う奇跡的な段取りの悪さが重なり
トータル的に頭一つ低めの完成度に仕上がると言う結果を生む。

まさに「穴掘って埋まってる」&「穴があったら入りたい」状況。
誰がうまいこと言えと!
まぁこの点はメカP3大反省点の一つに数えても良かろうと思ってる。

底辺スレで見てもらった感想も案の定と言うか
不自然な繋ぎを中心に突っ込まれたんだけど
自分としては他にもタイトルの出し方とか
歌詞チェンジの間のタイミングに出る黒いホクロみたいなゴミ、
おそまつな字幕ザブトンとかも反省している。

あとこのころ止め絵からの1秒フェードを覚えて
むやみやたらに使っているのがなんともなw
まぁ見返すとアラだらけで恥ずかしいことこの上ない。

曲は待望の(?)JUDY AND MARYだし、JAMの中でも好きな曲だし、
「妄想の中では大胆」って感じが雪歩に合う曲だと思ってたし
「声がリッチャン」とか言われても雪歩チョイスには悔いはないけど
なんか、曲に沿った意向以外のもの(=ありすえラブ)
が悪い方向に影響して、作品としては自分点Cになっちゃってる。

それでも「10日ルール」やありすえ志向を反省するつもりは無いし
もっと言うとこのMADは次へと繋がる大きな一歩になったと思ってる。
作ってよかったと思ってる。

安易なコマギレ振り付けでは痛い目を見たけれども
それで懲りずに「長回しベースのカットイン」方向のアプローチに切り替えたのが
mottoやえりりんで功を奏したし、
短め振り付けはOrange Sunshineでリベンジを果たせた。
メランコに連なるYUKI歩シリーズの原点にもなったし
シャボン玉演出はえりりんで会心の応用ができた。

総じて一つのMADとしては反省点も多く
あまり見返すことも少ない作品ではあるけれど
他の作品より多く反省した分
幾つかの、より大きな流れの原動力みたいになった作品でもあるわけで。

だから本当はねー。リプロデュースとかすごくしたいわけなんだけれども
やっぱりJAMってこともあって、安易には作れないのが悩みだねー。

公式の衣装でパジャマやシャンプーハットが出てきて
グラビアシタギも脱衣シーンで使えそうだし
なんか作れと言われてるような気さえしてくるけどw
(気のせいだ)
Orange SunshineがJAM総決算みたいな意気込みで作ったから
なおさら作るのには覚悟が要るというかな。

まぁ、多分作らないのでしょうねー。

後悔してないとは言ったものの (言ってないかも)
この作品は苦い後悔とかありすえラブとか
そういったものをなんとなく喚起するモノとして
多分このまま放って置かれるのだと思う。

例えるなら子供の頃のピアノの演奏会のテープ。
それも失敗したときのやつで、聞きたくないけど捨てられない。
そんな感じですね。
しかも憧れの先輩の演奏に似せようとしている姿がこそばゆいと言うか。
あんま例えになってない!

そんなこんなで結局自分語りっぽくなってるのはもはや仕様というか
「みすみすミスった」も3度続けばROM欠損。
ありすえだけに申し訳ありマすえ~ン!
と、なんとなくクソミソっぽくシメ。

(もっとまともなオチを考えなさい!)

自作解説その2 「美希への気持ち」

2008/08/11 (月)  カテゴリー/自作解説など



2作目。チャレンジ要素やストーリー演出も絡めつつ
元曲に沿った暖かい雰囲気の作品に出来たカナと。
自分点はA

ていうかスピッツですよ、スピッツ。
多分僕が一番聞き込んでるアーティストです。
スピッツワールドは夢の国。
一番好きな曲は「鈴虫を飼う」と「ラズベリー」です。

アイマス×スピッツだとKAKU-tail2の
オンナスキー先生の「空も飛べるはず」が一番好きかな。
じゃんP新作の「グラスホッパー」もすごい。てかハートがエロイ
柏城Pとはおっぱいを肴に一杯飲みたいです。

前置きはこんな感じで「ナナへの気持ち」解説です。
これは毛虫より以前から「美希に合う曲だな」ってか
「合わせるなら美希だな」が近いかな?
で、美希でやろうって決めていて。

技術的には毛虫より数段難しいことをしているので
後回しになっちゃったわけですね。
いずれにせよ誕生祭用です。
(これも誕生祭ブーストを期待したんだぜ?なかったけどw)

コミュを通じて美希との一年を演出したかったので
ダンス部分は敢えて衣装チェンジやステージチェンジはなしで。
元曲のイメージからブレザーをDLC購入して
あと歌詞のツジツマ合わせに星のイヤリングをつけてみたり。

Aメロのコミュ部分はかなりいいチョイスが出来てお気に入りです。
今見るとがぶ呑み先生の星井美希PVがルーツかと思っちゃうんですが
当時はがぶ呑み先生すら知りませんでしたw
ゴメンナサイゴメンナサイ

サビのアピールは綺麗に形になってこれまた満足。
歌詞は弾幕付くかな?と思うけどツッコミどころになってしまった。
つーか空耳じゃないの!心で感じろ!

ギタソロは一番のチャレンジ要素でした。
毛虫はあのなんの捻りも無いギタソロになんの捻りも無いダンスがマッチしましたが
早口言葉とかデフォで入れられると困るw

それで初めてオーバーレイトラックを使って演出をしてみたんですが
VSの扱いづらいことと言ったら・・・・・・
VS9の体験版なのでトラックも1本しかなく
結局パーツを分けての多重エンコ&微調整の繰り返し。
まぁ、このMADのおかげで随分慣れたけど。

それで前回のMADで「覚醒しろ!」みたいに言われてたこともあり
途中で覚醒美希にチェンジする演出を導入。
やっべー超演出!バカウケ!とか思って入れた割に全然反応無くて涙目。
でも「茶髪美希可愛い!」みたいなコメがついてテンション回復。

コミュ部分は大体借り物で済ませていたんだけれども
終盤になって覚醒Bランクエンドの高画質素材が無いことが発覚。
泣く泣くBランクまで育成することになりました・・・・・・。
それ以外にも一回くらい育て直した気がするけどよく憶えてないやw

そんなこんなで自分なりに奮闘しつつ、満足いく作品に仕上がった今作。
今度こそ1万!と思ってたものの結局あまり伸びず、
ここらへんで再生数との付き合い方を覚えた、という感じです。

それで、まぁ自分なりの満足/不満足は別として
他の人からすればどんなものなんだろうと思って
足を踏み入れたのが「底辺スレ」こと「底辺Pの集い

それまでIRCやブログのような場所での交流も全く無く
とにかく単身で勢いで乗り込む、というノリだったので
テンプレを読まずに貼り方を間違えるという愚を冒してしまいましたが
数人の方から厳しくも優しいアドバイスを頂くことが出来。
以来何かと底辺スレに足を運ぶようになりました。

底辺スレでアドバイスされたことで
「曲に思い入れがないと飽きられるかもしれない」
「もっと冒険をしてもいいと思う」
などがあり、
最初は「厳しいなぁ」と思っていたのですが
他の人のSRSを見たりそれにつくアドバイスを見ていくうちに
段々と指摘されたことの意味に気づくようになりました。

とにかく「冒険したぜー」みたいな満足感に浸っていた自分には
いい刺激になったかと思います。
いい意味で痛い思いをしたと言うか。
(変態的な意味ではなく)

「伸びる伸びない」と「良い悪い」は別。
しかし時期的に、プロデューサーレベル的に、
「伸びる」という方向に手探りをしながら
「良い」にアプローチをしたことには意味があったし価値があった。
今ではそんな風に考えています。

さて、あいますどろっぷさんのブロガー嫁調べで
美希派だと誤解されてしまった自分ですがやよい派です
そこらへんはお間違いのなきよう。

ただ、MAD作ってると好きになってくるんですよね、そのキャラw
コミュめぐりをしたのも大きいとは思うのですが
最初は映像のために仕方なく育成していたのが
途中から愛着が湧いてきて二人三脚で作ったような錯覚に陥るというかw
とにかく「もっとー美希を好きになるー」過程を実感しているのが楽しかった。

それから誕生祭巡りをする中で、せりPの「Pa・Pa・Do・Wa」や
後のちはたん3部作に繋がるマイルド9Pの「やさしい両手」、
ディープPの「JOINT」など多くの良作(っていうか「大事な作品」かな)に巡りあい、
アイマスももっともっと好きになっていくのが実感できて、とても幸せな時期でした。
whoPの誕生祭メイン動画を徹夜で待っていたのもいい思い出!

ってまた自分語りみたいになってる!

まぁ作品紹介は主観で語るべきだとは思うけど
これじゃただのニコマス思い出語りだw
作品の解説をしろよと。

作品についてはー他にはー。

そうそう。
この「ナナへの気持ち」っていう曲は実はスピッツの中では
そんなに思い入れのある曲でもなくて、(ヒデエ)
名前系(?)では「ミーコとギター」の方が好きなんですが
このMAD「美希への気持ち」を作ってしまったことで
自分の中で完全に美希とは切り離せない曲になってしまいました。

多少なりともストーリーを持ったMADを作るときは
いずれもキャラをどういう切り口で撮るか、
どんな切り口で描くか、といったことを考えなければならない。
それを見る人が受け止めてどう思うかはこの際置いておいて、
矛盾や広がりを持つキャラクターの世界を
要素に集約して抽象し捨象する。

このことの業・・・というと大げさですが、
MADを作るうえでの世界観との付き合い方というか、
キャラクターの魅せ方の考え方?
そういうものについては自分でMADを作るときも
他人のMADを見るときも多少意識はしてきました。

でもそれがキャラクターだけでなく曲にも言える。
曲を使うって行為は曲に切り口を与えるのに等しく
しかもその切り口は意外とあとあとまで残るものなのだなと。
キャラと曲の関係はいびつで対称的ではないけれど
映像素材が曲に与える影響ってのもまたあるのだな、と得心しました。

まぁ、これは最近になって考えたことだし
全部の曲についてここまで感慨を持ってるわけではないですが
こう考えるとリプロデュースとかリメイクって楽しそうだよな、とか
不思議!またオチが別の方向に!

次からはオチまで考えてから書きます。

自作解説その1 「毛虫」

2008/08/10 (日)  カテゴリー/自作解説など



我ながらジャージとおしゃぶりの親和性はバツグンだと思うw
ダンスシンクロ・歌詞シンクロ・雰囲気シンクロという
現在まで続く自分の作風のエッセンスがつまっててとてもお気に入りです。
自分点は文句なしのA

選曲の理由は美希の通称が「金髪毛虫」なのと
歌詞に「誕生日」ってあるから誕生祭ブーストを期待して。
なかったけどなっ!w
ブーストなんてなかったけどなっ!ww

処女作だったからキャプチャボードを買うかどうかで
すごく悩んだ記憶があります。
で、ジャージでおしゃぶりの金髪美希の素材を探してみたもののどこにもなくて。
(かんどるまPVにあったと思ったのにな)

それでRZ3(だっけ?)っていうキャプチャボードを購入。
まーこいつとここまで添い遂げるとは思ってもみませんでしたがw
「毛虫」が借り物素材だったら今の自分はない、そんな気がします。

作品としては毛虫/蝶という衣装演出を根っこに
メロ部はただただシンクロひたすらシンクロ。
1サビと2サビが同じだ、とか突っ込まれもしましたが
100回くらい見た今ではこの動画はこれでいいんだ、と思ってます。

しかし最初はまー伸びませんでしたねw
1週間で1000再生とかそれくらい。
実は初動1万再生くらい狙ってたんでちょっとショックでした。
今考えると恐れ多いよなwww

いや、自分がちょうどニコマスデビューに向けて動き出してた頃に
だ~おかPの処女作「乙女はDO MY BESTでしょ?」に出会って
「処女作でシンクロ765%で1万再生カッコイイ!」
とか思っちゃったんですよねwハズカシー///
俺も処女作で1万目指すよ!」とかコメした記憶すらありますw
もうwwwどんだけwwwどんだけwww


だ~おかP

やーこのMADはシンプルながら押さえるところはしっかり押さえてて
手間かかってるし素晴らしいMADなんですよ!
必見!オススメ!
って、だ~おかPの紹介はこれくらいにしておいて。

今まで主にランキング中心にアイマスMADに触れていただけに
自分が作り手の立場に立つことで
ランキングの外の世界と未知の遭遇を果たすことになった訳です。
最初は戸惑いましたねー。
うp前に「これはすごくいいぜ!」って思っていたものが全然伸びない。
コメントでは概ね好感触をいただけてたんですけどねw

でもそれがきっかけで余り伸びていないアイマスMADを見るようになり。
「伸びる伸びない」と「良い悪い」が別のことだと言う
まぁ今考えれば当たり前すぎることに気が付いたわけですよねw
いや、当時も似た考えは持ってたと思うけど
「経験」に裏付けられてるのといないのでは違うわけでして。

更に「良い悪い」がどれだけ主観的なことであるかを痛感し、
その上でその「主観」を肯定していくようなMAD作りをしたいな、
などという考えに至ったのが次の作品。
ホントによーwwwたかがMADでよーwww

そんなこんなで色々思い出深いこの作品。
技術的にもそのとき持ってたものを総動員&フル活用したので
やりきった!って思いで未練なく爽やかに視聴できます。
反省点も一切ないね!

また、卓○Pさんや夜○Pさんなど、そっち系の趣味を嗜まれる方々にも
妙に人気があったりする本作。
実は自分、「毛虫」で初めてヒロトやマーシー、ハイロウズを知ったんです。
そこからとある先輩の影響を受けて、スピッツやTHE YELLOW MONKEY、
天野月子やJUDY AND MARYなどの世界に一気にハマっていった。
そこら辺の経緯がなければ今頃は普通にミスチル聞いて歌詞がどう、
とかそういう人だったと思います。
いや、ミスチルは今でも聞くし結構好きだけどね?

まぁ、そんなわけで「毛虫」は楽曲的な意味でも自分の原点なんです。
だからなんだと言われればなんでもないんですが
最初は「変な曲笑」とか「美希に合うなw」みたいな単純なきっかけでも
結果的に今の自分の一面を作っちゃってるっていうのが面白いというか不思議というか。

1匹の蝶のはばたきが巡り巡って台風を生むことを「バタフライ効果」と言いますが
1つのネタっぽい曲が巡り巡って人生を面白くする。
毛虫効果」とでも呼べるのではないでしょうか。

(なんか変なノリになってきたぞ)

期せずして自作を肴にした自分語りみたいになってきたので
ここらで〆w
さすがにこんな調子で毎日動画解説はできんwww

最後にPV作製の裏話っぽいことを一つ。
最初はこれ全部ナショナルステージで撮影したのですが
「毛虫が成長して蝶になる」というテーマを後から思いついてしまったために
一回Dランクまで育てた美希を再育成して
ルーキーステージでメロ部を撮影するという
とても段取りの悪いことをしています。

無印アイマスの時代はEFランクのユニットはナショナルステージを使えず
Dランクのユニットはルーキーステージとローカルステージを使えないという
縛りがあったので、(縛りって言うかなんて言うかまぁ)
泣く泣く再育成することに。
しかもIL(アイドルレベル)10くらいはないとアクシデントがひどいのでレッスンもちゃんと。

そうした経緯を経て手塩にかけて育てたMADに
「蝶部分は覚醒させろよw」みたいなコメがついて
「MADのために覚醒とかそんな手間かけてられるかアホ!」と思ってましたが
2ヵ月後にはMAD1本のために51週のプロデュースを2晩で駆け抜けたりして、
まぁあの頃が一番「MAD作ってる」みたいな実感はあったかな。

結局毛虫の話からそれたなw

KAKU-tail3と週マス夏スペ

2008/08/02 (土)  カテゴリー/雑記

◆KAKU-tail3

フォローが遅れましたがこちらがメカP参加の1-Aパートです。



先頭じゃないっすかwww

内容はまぁ見ての通り捻りもツッコミどころもオチもなくてサーセンw
これが俺のせいっぱいなんだよーorz
IRCで某Pが言ってたように「良くも悪くも目立ったもん勝ち」の世界で
この印象の薄さは千早並みでs・・・ぐえっ

でも水樹奈々で作ることはもうないと思うので
そういう意味ではいい思い出になったかなーって。
(それでいいのか)
次回があったらちゃんと反省室送りを目指しますw


◆夏スペ


(リンク先はPart1)

これはさすがに穴掘って叫びます。

続きを読む

8月突入

2008/08/02 (土)  カテゴリー/雑記

リアルのご用事終わったーっ! ゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚
これでMADの一つも作れるってもの!

思い返せばこの3ヶ月、企画モノ1つと合作1つ作ったほかは
単品はたったの1本しか作ってないw

しかし今日からは違う!メカ変わる!今日から、ううん今から!
3の倍数と3の付く日にガチMADを上げて
さらに5の倍数の日にネタMADを上げるなんてこともできちゃうの!

まぁそんなこんなで今日からまとまった時間を取れるので
この四半期分の遅れを8月に一気に取り戻しちゃおっかな→
みたいなそんな感じの計画を立てております。
勘とか取り戻すの大変そうだけどw

ブログの更新頻度も増えるかもしれないのでよろしくどうぞ。
KAKU-tailとか夏スペについてもそのうちね!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。